HARUHI OFFICIAL WEB SITE

© HARUHI. All Rights Reserved.

Comment on HARUHI

Comment on HARUHI

Comment on HARUHI

Comment on HARUHI

Comment on HARUHI

Comment on HARUHI

Comment on HARUHI

聴いた瞬間に、間違いなく本物のシンガーだと思った。
しかも、今の時代には稀有な、本質的な意味での「ロック」の本物のシンガーだと思った。

歌を歌うということの緊張感と真剣さとある種の畏れが、きちんと声の「震え」になっている。
そしてそれを恐れずに歌い切る勇気と意志が、きちんと声の「強さ」になっている。
そして、その強さを暴走させずにしっかりと聴き手の心に届けようとする責任感が、声の「冷静さ」になっている。

ほんの限られた人だけが持つ、本物のシンガーの、本物のロック・シンガーの資質をすべて兼ね備えたその歌声。
しかもまだ16歳だという事実に僕は驚きすら感じた。
ソングライターとしての力も、破格だ。

求められていることに応えるための声ではなく、何を求めているのかを聴く者に気づかせる力を持った声。
ジョンやカートの例を出すまでもなく、どんな国でもどんな時代でも音楽シーンの新章を始めるのはいつだってそんな声だ。

HARUHIの歌声は最初から、僕には信じるに値する歌声に聴こえた。

山崎洋一郎(rockin'on JAPAN)

三年前、僕はイヤホンを指で押さえながら震えていた。
はじめてHARUHIの歌を聞いたときのことだ。
すぐにこの声に映像をつけて、大きなスクリーンで観たいという衝動にかられた。
子どものような無垢な声で、大人を超える深い表現をする。
女性の繊細さがありつつ、男性の力強さがある。
規格外のスケールを持つ新人があらわれたことに心の底から感動していた。
あの衝撃から三年、今まさに夢が叶ったことを本当に嬉しく思っている。

川村元気 (映画プロデューサー・小説家)

物語を伝えるかのように歌い、一瞬にして曲の世界観に引き込むHARUHIの声。
微笑んでいる少女のような、泣いている少年のような、不思議な感覚にさせてくれる。
僕は1小節聴いて、彼女の起用を決めた。
映画のエンドクレジットは、ただのスタッフ紹介では無く本当のラストシーンだと思っている。
HARUHIの「ひずみ」は悲しい物語に希望と安らぎを与えてくれた。

永井聡 (CMディレクター・映画監督)

「ひずみ」は映画の世界観と連続していて、徐々に盛り上がっていくHARUHIさんの声が印象的でとても素晴らしい主題歌だと感じました。
そして、HARUHIさんのLIVEがとにかく衝撃でした。
声が個性的で、切なさの中に力強さもあって、すごく素敵な声をお持ちだと思いました。
ちょっと雰囲気が日本人っぽくないなと思ったので、海外で育ったと聞いて納得したんですが、そのパワフルさみたいなものを感じました。

佐藤健(俳優)

HARUHIさんの歌声で一瞬にして違う世界に連れて行かれました。
映画のようです。

浅野忠信(俳優)

いざこの映画の主題歌をどうすべきかと考えたとき、それが大変な難題であることに気づきました。
必要な言葉はもうすべて映画の中にあるよ、と生意気にも考えていたからです。
それに余韻も壊したくない。
だから、私はこんなお願いをしました。
「絶望も希望も歌いあげないで下さい。この映画は崖の淵から下を見るように人の心の闇、生きることの闇をできるだけ理性的に覗き込もうと試みてます。音楽もまたその闇をじっと見つめそこから滲み出る畏れのようなものをHARUHIさんなりに書き留めたものであって欲しいです」と。
率直に主題歌らしくない主題歌にして欲しいとも伝えました。
出てきた曲を聴いて、驚きました。
期待を軽々と越えていました。
この映画は本当の意味で、映画と歌い手がコラボレーションできた稀有な例だと自負しています。
聴き終わったときには、私はすっかりHARUHIさんのファンになっていました。
この映画が、彼女の伸びやかで繊細な歌声とともに多くの人の元に届き、ともに成長していくのを楽しみにしています。

深田晃司 (映画監督)

元々、HARUHIさんの楽曲に惹かれていて
いつかご一緒させていただきたいと思ってました。
初めて会ったのはまだまだ幼い頃でした。独特な雰囲気が漂う少女だなと印象深く思い出に刻まれてます。
今回17歳となったHARUHIさんと再会し
芯の強さと計り知れない想像力、描写力に度肝抜かれました。
17歳だから真っ直ぐに伝えていこうというピュア気持ちもあれば、年齢を超えて俯瞰した自身の楽曲のプロデュース能力の凄さを兼ね備えていてますます好きになりました。

BANQUETを初めて聴かせてもらった時、
心底震えあがりました。企画することとは別に日々ずっと聴きたくて500回以上再生したと思います。

音に物語が宿っています。
ページをめくるようにどんどんと惹き込まれ、
その先を知りたいと思った最骨頂のところで歌が終わるので、何度も繰り返してしまいます。

そのように何度も聴いて物語が浮かび上がって来ました。
はじまりは暗闇の中、月明かりをたどり森に迷い込む女。するとひとりの少女に出会い、晩餐会がはじまります。

HARUHIさんは、物語を考えてからそれを辿るように作詞作曲するらしく、さきに映像化が出来ているので彼女と話をしていると
その物語が詳細に決まっていきます。

晩餐会は、嘘か本当か…着飾れた人々の二面性、また出会う少女は過去の姿であり、登場人物の女が実はこの世にもういないのか、または導かれてるのか…

HARUHIさんは答えをだしたくないと言ってました。結局映像の中では過去の死んでしまってるかもしれない自分自身に誘われ、この世界に残るのかまたは次へと踏み出すのかは
観てくださる方に委ねた終わり方をします。

これらの物語を映像コンテではなく
わたしは絵巻にしました。
真っ赤なドレスはテーブルクロスへと繋がった長い絵を描いたのです。

結果その絵巻をみながらHARUHIさんと作り込み、MVはなんとワンカットに挑戦しました。
ワンカットとは編集をせずはじまりからおわりまでひとつなぎの映像ということです。

まるで舞台の作り込みです。絵巻は背景画となり何人ものダンサーは絵のようなペインティングを施されました。
机のロウソクや木やフクロウ、鹿までもが人間でやりました。すべて、ダンスカンパニーのコンドルズの鈴木拓朗さんの振り付けにより形付けられました。

何日も練習をし、HARUHIさんもスタジオにきて体を動かしいっしょに作りました。

操上和美さんのジャケットの写真撮影からはじまり
映像撮影は、とても大変なものでした。
体力も限界ななか、HARUHIさんは細かい美術や、少女の演技などディレクションを詰めていき、どんどんよいものとなっていきました。
最後までミスなくいい絵が撮れた時には大喝采です。
スタッフ誰もがこのBANQUETという楽曲が好きで思い入れも大きかったです。

私も今年はもうこれで終わりにしようと思ったぐらい気合いいれすぎました。

これもすべてHARUHIさんの想像力とBANQUETが持つ力により動かされた結果だと思います。

これからもHARUHIさんから沢山の物語を描いた素晴らしい楽曲が現れることを楽しみにしています。
わたしは、なにせ単純に彼女の大ファンですから。

森本千絵(アートディレクター)

歌声のもつ独創性、瑞々しさに感動。
才気あふれるHARUHIの魅力を
どうかお聞き逃しなく。

Salyu

底知れない。末恐ろしいとはこのことだなと思う。
特に英語で歌われる楽曲たちはどれも非常にパーソナルな熱を感じる。
歌詞を読めばその熱の根源が垣間見える気がした。
瑞々しさ。危うさ。円熟。憂い。
18歳にして、どうしてこんなにも深い音楽表現ができるのか不思議でならない。

佐藤 千亜妃(きのこ帝国)

デビュー曲「ひずみ」でお仕事をしてから、一年以上が経ちました。
HARUHIさんの表現力、歌唱力はどんどん成長していて、今後が楽しみになるデビューアルバムでした。

川村 元気 (映画プロデューサー・小説家)

髪を赤く染め、メイクもせずにカジュアルな格好でマイクの前にふらりと立ち、凄い声を聴かせ、笑顔でさらりと去って行く。僕が初対面の時にHARUHIに持った勝手な印象。
彼女にとって音楽は呼吸と同じくらい、どうって事ない日常であり、無くてはならないもの。
このアルバムはひたすら自分の怒り、哀しみ、喜びと向き合った彼女の日記のような作品だ。なのでその歌はピュアで飾らないし媚びてもいない。聞く側は手拍子さえ入れられないでただただ圧倒されるだろう。
でも普段はアメコミの柄のレギンスとか履いてる可愛い少女。なんだろう?この子は?だから流れる水のように見ていて飽きないし、ずっと音を聞いていたくなる。

永井 聡 (CMディレクター・映画監督)

18歳の繊細で鋭利な葛藤は、僕たちが想像する以上に美しく、深く拡がっていました。本当に素敵なアルバムです。ありがとうHARUHI。

松浦 亮 (Creative Director / Art Director)

HARUHIさんとは、ひずみの撮影をきっかけに出会いました。
最初の撮影で、音楽が身体の中で鳴っている本当のミュージシャンだと直感しました。
そういう才能が備わっている人のポートレートはとても刺激的で、これからどんな風に成長していくのか、楽しみにしています。

太田 好治 (Photographer)

彼女の歌声がひと声響くだけで空気が変わるのを
何度も肌で感じ、私も夢の中で音を奏でているような感覚でした。
深い世界と繋がっている、生粋の芸術家。
そんなHARUHIの音楽の一部になれて心から幸せです。
最高にロックでソウルフルな作品をどうぞお聴きください。

なかむらしょーこ (Bassist)

HARUHIと僕たちはデビュー前からライブを重ね、バンドの音の力を信じてきた。この1st アルバムはHARUHIと僕たちの対話のような、他愛のないおしゃべりのような。今の日本に必要な音楽。

渡辺 悠太(Keyboardist)

HARUHIちゃんと出会って1年半、LIVE、レコーディングを重ねて遂に1stアルバムが完成したことを心より嬉しく思います。
彼女のとてつもなく高いセンスとテクニック、世界観の広さ、そして思春期の葛藤があまりにも自然に生々しく表現されたアルバムだと思います。
サウンド面ではバンドスタイルを心から愛しシンガーソングライターHARUHIとしてのソロアルバムではありまが、HARUHIと言うバンドと言っても過言ではないぐらいの分厚いバンドサウンドがとても気持ちいいです。
無邪気で、優しくて、キュートで、オシャレで、でも奥の方に強烈な毒を感じる『INSIDE OUT』だと思います。

THE GHOSTS 草刈 浩司 (Guitarist)

少女のあどけなさと、アーティストとして目覚め花開いていく魅力が同居した、特別な一枚。彼女の声には人の心の痛みを癒す不思議な力がある。彼女の声に初めて触れた時に感じた果てしなく輝く未来を思うと、ここはまだ始まり。

THE GHOSTS 福田 洋子 (Drummer)

はじめてHARUHIさんの歌声を聴いた時、
その“響き”に胸がざわざわとしたことを今も覚えています。
その響きの重なりから成る「INSIDE OUT」、
そこには多くの感情の“響き”が在って、
聴くほどに、胸の奥や、みぞおちのもっと深いところが、
時に強く、時にやさしく、時に切なく、揺らめくんです。

岡田 佐知子 (装苑)

私がHARUHIさんの音楽に初めて出会ったのは、車のラジオから流れてきた「ひずみ」でした。小さなろうそくが風に揺らめくような不安定さを持った声に一瞬で耳を奪われ、車を停めて彼女を検索したのを覚えています。待望のファーストアルバム、多くの人が彼女との衝撃的な出会いを体験することを願っています。

長谷 洋樹 (ボーズ合同会社)

とても魅力的な歌声。歌声にオーラを感じる。誰かに似ているって訳でもないのに、聴いた人全てがきっと心に残る不思議な歌声。強さと弱さ、光と影、希望と絶望。全てを包み込んだ歌声にガッチリ心を鷲掴みにされてしまいました。そして邦楽とも洋楽とも例えられないオリジナルな楽曲がまた秀逸。これで10代って、、まだ気持ちの整理ができてません!

タワーレコード新宿店 石黒

彼女にしか出せない、独創的な世界観に酔いしれるならこの一枚。18歳とは思えない伸びのある歌声に誰しもが引き込まれるでしょう。様々な表情を見せるHARUHIの今後に期待が高まります。

新星堂 田中 薫

昨年5月のデビューから、シングルでは様々な表情を見せてくれた彼女の待望のファーストアルバムは、静と動を、英語と日本語で見事に表現したような、充実した理想的なデビュー作となりました。
オルタナティブロックの影響を感じさせる楽曲が多く、繊細な音に彼女の表現力豊かなヴォーカルが、時に優しく包み込むように、時にヒリヒリと鋭利に耳に残ります。
リリース後からの音楽留学からのカムバックが早くも楽しみでなりません。

HMV 相馬 佳明

これが本当に18歳!?彼女の歌声を聴いているととてつもなく大きな存在に感じる。心地よい歌声かつパワフルでかっこいい一面も垣間見え、声のかすれ感や語尾がなんとも魅力的です!一体どんな環境で生まれ、育ってきたのだろう。日本を飛び越え、世界に通用する歌手になって欲しい!!

イケヤ イオン小牧店 土屋 陽平

力強い歌声がとても印象的なHARUHI。 18歳の少女が作り出したとは思えない数々の作品は映画やドラマ、CMソングに起用され、今大注目のアーティスト。彼女の作品はその作品の世界に連れて行ってくれるような、そんな力を持っている。そんな彼女の1stにしてBEST盤とも言えるアルバムになっています。この一枚で色々な世界へ行けます。

タワーレコード梅田大阪マルビル店 間戸 さいや

一度聴いたら語りたくなる音楽、もう一度聴きたくなる歌。それがHARUHIだ。
18歳とは思えない妖艶さと迫力の歌声、懐かしいようで新しさを感じさせるメロディー、繊細で優しく時に荒々しい歌詞に想像を掻き立てられる。不思議と彼女の音楽は人を惹きつける。重厚感のある世界(ストーリー)を一曲一曲じっくり聴きたいアルバム。

今井書店 本の学校メディア館 阪本 桂子

"HARUHI"この名前を何処で耳にしただろうか。初作「ひずみ」が映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌に抜擢され、その後も映画やドラマ、CMにアニメEDテーマと数々のタイアップを経て順風満帆で華やかなリリースを飾ると思いきや「INSIDE OUT」は生きていく中で日々生まれる葛藤や矛盾、怒りや悲しみに身を沈め、それでも強い希望と信念を抱き生き続ける闇と光の二面性を混同させた血肉の結晶と言える約52分13曲であることに驚かされた。世俗に嫌気が指し、遠く離れた世界に自分を切り離したく思いながらも、人との関わりや日常との繋がりを強く求める、あの何とも言えぬ心の衝動に駆られた。インターナショナルスクールを卒業し、これからまた新たな一歩を歩み出す彼女の次作がすでに待ち遠しくて仕方がないが、ただ今はこの作品と一緒に歩きたいと思った。

タワーレコードアミュプラザ博多店 汐碇 隼人

HARUHIにしか成し得ない、独創性に満ち溢れた期待を裏切らない1st Full Album。等身大の彼女をそのままパッケージしたかの様な、それでいて彼女自身の“現在”をありのまま詰め込んだ最高傑作である。
彼女が何を想い、何を感じ、未来を見据えているのか。
それはこの作品に凝縮されている。

タワーレコード仙台パルコ店 菅野 陽子

圧倒的なセンスと声!
言語、性別、様々な概念を超えて、まさにボーダレスに愛されるであろうデビューALBUMは、
洋楽リスナーも思わず反応してしまうのではないでしょうか。
そしてこの才能が、まだ若干18歳というのも更に驚きです。
決して大げさな表現ではなく、
同じく10代で1stを発表した宇多田ヒカルやADELEの作品にも肩を並べられる、
そんな傑作です

タワーレコード本部 岩下 憲明

こんなにも音から、声から
絵が浮かぶ経験は初めてです
いくつもの映画を観てるかのよう
登場人物の悲痛、喜び、怒り、慰め…
そして男、女、動物、化け物、この世に存在しない何か
すべての足跡が、息が聴こえてくるのです。
とんでもないアーティストHARUHI
このアルバムは何年経っても褪せず
生き続ける珠玉の一枚です。

ぜひ、また一緒に描きたい。

森本 千絵

pagetop

NEWS

現在、アメリカに音楽留学中のため日本での活動は休止中のHARUHI。
そんななか、嬉しいお知らせが届きました。
HARUHIの「BANQUET」Music Videoが、「NEWYORK FESTIVALS WORLD’S BEST TV &FILMS」の
MV部門で、Bronze World Medal を受賞しました!!
このような素晴らしい評価を頂き、HARUHI & スタッフ一同とても嬉しく思っております。

以下のURLにて発表されています。
http://www.newyorkfestivals.com/winners/2018/index.php

「NEWYORK FESTIVALS WORLD’S BEST TV &FILMS」HP
http://www.newyorkfestivals.com/tvfilm/main.php?p=2,38



2017/11/17

MEDIA 情報更新


2017/10/06

MEDIA 情報更新


2017/8/28

映画「youth」挿入曲にHARUHIの「Friend」が決定!

世界最大の広告賞カンヌライオンズ 三冠受賞のほか国際的なアワード受賞作品を世に送り出し、NHK大河ドラマのタイトルバックも数多く手がける映像作家 菱川勢一による長編初監督映画「youth」にHARUHIの「Friend」が使用されています。
 
映画「youth」
出演 岡崎森馬 杉本知佳 るうこ 藤井草馬 古矢航之介 北野由依 ほか
脚本・監督 菱川勢一 
オフィシャルWEB https://www.youth.exposed
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
ストーリー :
徳島に住む幼なじみ6人、タロウ、リンコ、ヨーコ、マナブ、キンタロー、ユイ。少しすつ変わってゆく地元の風景にどこか寂しさを感じ、20歳を越えた今、社会というものを考え始める。”社会人とは何か? 幸せとは何か?” を問い6人は答えを探してついには暴動へと突き進む。抱いていた夢と立ちはだかる現実のはざまで仲間たちと分かち合う喜び、悲しみ、怒り、そして過去から解放される姿を描き出す青春映画。
 
映画「youth」サウンドトラック全アーティスト
 
シーナ&ロケッツ / サンボマスター / The Wisely Brothers / 斉藤和義/ なのるなもない / ポルカドットスティングレイ / HARUHI / 田添香菜美 / 宮原良仕子
 
https://www.youtube.com/watch?v=orKXMbQaK5I&feature=youtu.be
 
 
映画「youth」一般上映情報
9月8・15・22・29日(金)夜9時~ 
@シアター・イメージフォーラム シアター1(1F)
鑑賞券 1,000円(税込)
自由席/整理券制/定員入替制
http://www.imageforum.co.jp/theatre/theater/
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目10-2
TEL : 03-5766-0114
現在特設サイトでスペシャルムービー公開中。
https://www.bose.co.jp/ja_jp/better_with_bose/spotify.html

2017/08/17

MEDIA 情報更新


2017/08/12

HARUHI渡米前最後のライブパフォーマンスとなるイベント「Voice-s-」本日12時よりチケット販売受付開始!

【イベント詳細】
『Voice-s-』
日時:2017年8月25日(金)OPEN18:30 / START19:00
出演者:ハルカトミユキ、大比良瑞希、HARUHI
会場:渋谷 / 代官山SPACE ODD
料金(税込):前売り3,500円(オールスタンディング、1Drink別)
問い合わせ:CREATIVEMAN PRODUCITON 03-3499-6699
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
※出演者のキャンセル・変更によるチケットの払い戻しはいたしません。あらかじめご了承ください。

【チケット先行抽選予約】
2017年8月12日(土)12:00〜
ローソンチケット:http://l-tike.com/
(Lコード:76053)
e+:http://eplus.jp/sys/main.jsp
是非、お見逃しなく!

2017/08/09

いま絶対に観ておきたい女性アーティスト3組による、一夜限りのスペシャルライブ「Voice-s-」へHARUHIの出演が決定!

デビュー5周年を迎えさらにパフォーマンスに円熟さが増しているハルカトミユキ、この夏はSUMMER SONIC出演など常に話題が絶えない大比良瑞希、さらに1stアルバムを発売し、このライブを最後に渡米が決定しているHARUHI。
いま絶対に観ておきたい女性アーティスト3組による、一夜限りのスペシャルライブ「Voice-s-」の開催が決定!

【イベント詳細】
『Voice-s-』
日時:2017年8月25日(金)OPEN18:30 / START19:00
出演者:ハルカトミユキ、大比良瑞希、HARUHI
会場:渋谷 / 代官山SPACE ODD
料金(税込):前売り3,500円(オールスタンディング、1Drink別)
問い合わせ:CREATIVEMAN PRODUCITON 03-3499-6699
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
※出演者のキャンセル・変更によるチケットの払い戻しはいたしません。あらかじめご了承ください。

【チケット先行抽選予約】
2017年8月12日(土)〜

2017/08/02

MEDIA 情報更新


2017/07/26

MEDIA 情報更新


2017/07/14

7月26日(水)発売!1st Full Album 『INSIDE OUT』 Digest公開!全曲ちょっとずつお聞かせしちゃいます!!

7月26日(水)発売!1st Full Album 『INSIDE OUT』 Digest公開!全曲ちょっとずつお聞かせしちゃいます!!

VIEW MORE

MEDIA

2017/11/17
WEB

WEB 掲載情報

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、写真家 レスリー・キー氏がポートレートを撮影をするNHKのプロジェクト「2020 レスリー・キーがつなぐポートレートメッセージ」に、HARUHIが参加しました!
NHKのポータルサイト内にupされていますので、是非ご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/change/messages/

2017/10/06
MAGAZINE

雑誌掲載情報

9月28日発売
「i-D Japan No.4 “the joy issue”」
※撮り下ろし&インタビュー掲載


2017/08/17
RADIO

RADIO出演情報

RADIO出演情報
8月26日(土)、9月2日(土)25:30〜 FM愛媛
8月27日(日)、9月3日(日)22:00〜 FM高知
8月27日(日)、9月3日(日)25:00〜 FM徳島
「WEAVERのMUSIC BELIEVER!!」

2017/08/02
RADIO

RADIO出演情報

RADIO出演情報
8月10日(木)4:00〜5:30
JFN「Memories & Discoveries」
※「Today’sプレイリスト」をHARUHIが担当。

2017/08/02
MAGAZINE

雑誌掲載情報

8月2日発売
「anan」

2017/07/26
MAGAZINE

雑誌掲載情報

7月20日発売
FLYING POSTMAN PRESS

7月26日発売
「TVガイド」

8月12日
「bea’s up」

2017/07/09
WEB

WEB 掲載情報

掲載中〜 
honeyee.com 特集「Style of The 90’s Revival」
ファッション撮影に、HARUHIがモデルとして参加
※後日、アルバムインタビューも掲載予定!

2017/05/12
WEB

WEB 掲載情報

5月12日〜  「CINRA」

2017/5/1
MAGAZINE

雑誌掲載情報

5月28日発売
「装苑」7月号
※吉田ユニさん連載
誌上ギャラリー「PLAY A SENSATION」に登場

2017/1/12
MAGAZINE

雑誌掲載情報

1月12日発売
「GINZA」
※ファッションスナップに登場

VIEW MORE

LIVE

Voice-s-

デビュー5周年を迎えさらにパフォーマンスに円熟さが増しているハルカトミユキ、この夏はSUMMER SONIC出演など常に話題が絶えない大比良瑞希、さらに1stアルバムを発売し、このライブを最後に渡米が決定しているHARUHI。
いま絶対に観ておきたい女性アーティスト3組による、一夜限りのスペシャルライブ「Voice-s-」の開催が決定!

【イベント詳細】
『Voice-s-』
日時:2017年8月25日(金)OPEN18:30 / START19:00
出演者:ハルカトミユキ、大比良瑞希、HARUHI
会場:渋谷 / 代官山SPACE ODD
料金(税込):前売り3,500円(オールスタンディング、1Drink別)
問い合わせ:CREATIVEMAN PRODUCITON 03-3499-6699
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
※出演者のキャンセル・変更によるチケットの払い戻しはいたしません。あらかじめご了承ください。

【チケット先行抽選予約】
2017年8月12日(土)〜

Bose & Spotify Presents “Special Music Live”

LITE、The fin.、HARUHIのスペシャルライブはもちろん、アーティスト自身が作成したプレイリストの試聴など様々なコンテンツをご用意しております。
BoseとSpotifyが音楽との新しい出会いをお届けします。

【イベント詳細】
『Bose & Spotify Presents “Special Music Live”』
日時:2017年3月6日(月)19:00~21:30(受付18:00〜)
出演者:LITE、The fin.、HARUHI
会場:LIQUIDROOM(東京都渋谷区東3-16-6)
内容:Music Live、Bose製品タッチ&トライ
料金:無料(1ドリンク500円別途)
主催:ボーズ株式会社
※2月20日(月)に当落発表メールをお送りいたします。
※当落は先着順ではなく、受付期間内にお申し込み戴いた方の中から厳正に抽選いたします。

【応募・抽選結果発表について】
ご応募にあたってはPeatixへの登録が必要になります。
ご応募はお一人様1回限りとなります。
※お申込み後のキャンセル、枚数変更はできません。
応募締切:2017年2月15日(水)23:59:59 まで
受付URL:http://peatix.com/event/230038
抽選結果発表:2017年2月20日(月)に当落の通知メールをお送りいたします。
※応募時は、メールアドレスの入力間違いにご注意ください。
また、受信設定をされている場合は「@peatix.com」からのメールを受信出来るようご設定ください。

【チケットのお受け取り方法】
当選された方は、当選メールに記載された“申し込み用URL”より ピーティックス のサイトへとアクセスし、必ず応募時にご利用されたアカウント( Peatix / Google / Facebook / Twitter)で、ログインをしてからチケット取得手続きをおこなってください。
当選メールに記載された“申し込み用URL”以外からはチケットを取得して頂くことはできません。

【当日のご入場方法】
ご入場には QR コードチケットが必要です。
お二人でのご来場申し込みをされた方は、必ずご同伴者様おそろいの上、受付にお越しください。ご提示方法は下記 URL にございますヘルプページよりご確認ください。
チケットの確認方法:http://ptix.co/1KjsqJ

【諸注意】
※個別の当落に関するお問い合わせにはお答えしておりません。ご了承ください。
※イベント当日は本人確認のため、身分証明証をご提示いただく場合がございます。
※応募時のお名前と身分証明書の氏名が一致しない場合はご入場いただけない場合がございます。
※チケットを転売すること、またはインターネットオークション等で出品する等の転売を試みる行為、転売を前提に申し込みをする行為は禁止としております。前述の行為が発覚した場合、チケットを無効としたうえで入場を認めないことがあります。

本公演に関するお問い合わせ先:bose-event@wr-inc.jp
チケットシステムに関するお問い合わせ:Peatix サポートダイヤル 0120-777-581 (営業時間: 10:00〜18:00)

BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2016
※HARUHIは10/8(土)のみの出演です。

2016/10/08 [SAT]・09 [SUN]

※HARUHIは10/8(土)のみの出演です。

会場
富山県富山市本丸1 富山城址公園 芝生広場 特設ステージ
※プラタナスステージの出演です。
時間
開場10:30 / 開演11:00 / 終演20:00
チケットや出演者、その他詳細は、BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2016よりご確認ください。
http://beatram.jp/

FM802 MINAMI WHEEL 2016
※HARUHIは10/9(日)のみの出演です。

2016/10/08 [SAT]・09 [SUN]・10 [MON]
※HARUHIは10/9(日)のみの出演です。

会場:FANJ twice

<9月4日(日)チケット一般発売>
e+:http://eplus.jp/mw2016/
ローソン:http://l-tike.com/minami_wheel/
ぴあ:http://w.pia.jp/p/minamiwheel16hp/

タイムテーブル等、そのほか詳細はFM802 MINAMI WHEEL 2016オフィシャルサイトをご確認ください。
http://minamiwheel.jp

Heart Beats!!

2016/08/13 [SAT]

会場
代官山LOOP
時間
開場17:30 / 開演18:00
料金
前売¥3,400 当日¥3,900 (ドリンク代別途)
チケット予約
【 LOOP WEB予約 】
※先着受付となりますので、お早めにお求め下さい。
※入場順につきまして:先着順となります。
※LOOP WEBよりご予約頂いた方には7日以内に返信メールをお送りします。
※こちらからの確認(メール・電話)のご連絡をもってご予約成立と致します。
電話番号・メールアドレスは正確にご記入ください。
※携帯からメールの場合、ドメイン指定に sld-inc.com を追加していただくか[推奨]、
ドメイン指定を解除してくださいます様お願い申し上げます。
http://www.live-loop.com/reservationA/index.html
出演者
Heavenstamp / ヒグチアイ / HARUHI / 椿裕加里(OPENING ACT)
WEBサイト
代官山LOOP(http://www.live-loop.com/)
問い合わせ
SLD Entertainment. Inc Tel : 03-6277-5032(月~土 12:00-19:00)

SUMMER SONIC 2016
※HARUHIの出演は、8/21(土)SONIC STAGEのOpening actとなります。

2016/08/20 [SAT]・21 [SUN]

会場
QVCマリンフィールド&幕張メッセ
時間
開場9:00 / 開演11:00
備考
チケットや出演者、その他詳細は、SUMMER SONIC 2016オフィシャルサイトよりご確認ください。
http://www.summersonic.com/2016/

『Salyu Live 2016 Sonorous Waves』

2016/08/08 [MON]・29 [MON]

日程(大阪)
2016年8月8日(月)大阪 BIG CAT 18:00開場/19:00開演
日程(東京)
2016年8月29日(月)東京 恵比寿リキッドルーム 18:00開場/19:00開演
前売り料金
スタンディング¥5,400 (ドリンク代別/整理券番号付き)
チケット予約
HARUHIオフィシャルサイトチケット抽選先行予約はこちらから
受付期間:2016年5月23日(月)18:00~5月29日(日)23:59

その他詳細は、Salyuオフィシャルサイトよりご確認ください。

Eggs presents SAKAE SP-RING 2016
※HARUHIの出演は6/5(日)のみとなります

2016/06/04 [SAT]・05 [SUN]

会場
名古屋・栄地区のライブハウス・クラブ
※HARUHIが出演する会場はビジュアルアーツ AIR HALLになります
時間
開場11:30 / 開演12:00
前売り料金
1DAY PASS¥3,600 / 2DAYS PASS¥5,800 / 2DAYS PASS(タオル付)¥6,800
発売日
発売中
問い合わせ
Eggs presents SAKAE SP-RING 2016 TEL:052-972-0778(平日 10:00〜18:00)

Acoustic Soul

2016/06/07 [TUE]

会場
代官山LOOP
時間
開場18:30 / 開演19:00
料金
前売¥2,900 当日¥3,400 (ドリンク代別途)
チケット予約
【 LOOP WEB予約 】
  • ※先着受付となりますので、お早めにお求め下さい。
  • ※入場順につきまして:先着順となります。
  • ※LOOP WEBよりご予約頂いた方には7日以内に返信メールをお送りします。
  • ※こちらからの確認(メール・電話)のご連絡をもってご予約成立と致します。 
  •  電話番号・メールアドレスは正確にご記入ください。
  • ※携帯からメールの場合、ドメイン指定に sld-inc.com を追加していただくか[推奨]、 
  •  ドメイン指定を解除してくださいます様お願い申し上げます。
出演者
黒川沙良 / 斉藤麻里 / HARUHI / and more
WEBサイト
代官山LOOP
問い合わせ
SLD Entertainment. Inc Tel : 03-6277-5032(月~土 12:00-19:00)

cross fm presents UP-AND-COMERS 2016 early summer HARUHI Special LIVE

2016/06/12 [SUN]

会場
福岡・ROOMS
時間
開場17:30 / 開演18:00
入場料
無料 ※別途ドリンク代500円必要
募集人数
30組60名
応募締切
2016年5月31日(火)
応募先URL
http://www.crossfm.co.jp/contents/w_main.php?oya_id=1&ko_id=4049#4049
6月初旬、当選者にのみメールが送信されます。
問い合わせ
cross fm

HARUHI 1stシングル 『ひずみ』ご購入者を対象に抽選で20組40名様をご招待!

◆対象商品◆
5月11日(水)発売<5月10日(火)入荷>
HARUHI『ひずみ』
初回生産限定盤AICL-3104~3105 ¥1,500(税込)
通常盤 AICL-3106 ¥1,200(税込)
◆対象店舗◆
タワーレコード福岡パルコ店、タワーレコードアミュプラザ博多店、タワーレコード久留米店
タワーレコード若松店、タワーレコード香椎浜店、フタバ図書TERA福岡東店
新星堂キャナルシティ博多店、新星堂小倉駅アミュプラザ店、新星堂サンリブシティ小倉店
HMV&BOOKS HAKATA、HMVイオンモール直方、HMVイオンモール福津
ミュージックプラザインドウ
◆応募ハガキ配布期間◆
2016年5月10日(火)商品入荷日~5月31日(火)まで
※各店舗応募ハガキなくなり次第、配布終了となりますので予めご了承ください。
◆応募ハガキ締切◆
2016年5月31日(火) ※当日消印有効
◆当選発表◆
発表は招待状の発送をもってかえさせて頂きます(6月初旬発送予定)
◆お問い合わせ先◆
ソニー・ミュージックマーケティング 福岡オフィス 092-712-6571(平日10:00~17:00)

VIEW MORE

DISCOGRAPHY

INSIDE OUT【初回生産限定盤】

【初回生産限定盤】
AICL-3351〜2 / ALBUM / 2017.07.26 / ¥3,600+ (税)
CD +DVDの2枚組

  • 01. Introduction.
  • 02. Round and Around
  • 03.ひずみ
    (映画「世界から猫が消えたなら」主題歌)
  • 04. The Man Who Turned Inside Out
  • 05. Trust Me, I Am Fine
  • 06. Disappear
  • 07. Nightmare
  • 08. あたたかい光 -album ver.-
    (明光義塾CMソング)
  • 09. Friend
  • 10. ソラのパレード
    (アニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」EDテーマ)
  • 11. BANQUET
    (ドラマ「コック警部の晩餐会」主題歌)
  • 12. Lullaby
    (映画「淵に立つ」主題歌)
  • 13. Don’t Let Me Go
  • 【DVD】
  • 01. ひずみ Music Video
  • 02. BANQUET Music Video
  • 03. Lullaby Music Video
  • 04. ソラのパレード Music Video
  • 05. HARUHI “INSIDE OUT” Documentary May-June 2017
  • ご購入はこちらから

INSIDE OUT【通常盤】

【通常盤】
AICL-3353 / ALBUM / 2017.07.26 / ¥2,950+(税)
CDのみ

  • 01. Introduction.
  • 02. Round and Around
  • 03.ひずみ
    (映画「世界から猫が消えたなら」主題歌)
  • 04. The Man Who Turned Inside Out
  • 05. Trust Me, I Am Fine
  • 06. Disappear
  • 07. Nightmare
  • 08. あたたかい光 -album ver.-
    (明光義塾CMソング)
  • 09. Friend
  • 10. ソラのパレード
    (アニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」EDテーマ)
  • 11. BANQUET
    (ドラマ「コック警部の晩餐会」主題歌)
  • 12. Lullaby
    (映画「淵に立つ」主題歌)
  • 13. Don’t Let Me Go
  • ご購入はこちらから

ソラのパレード【初回生産限定盤 / 通常盤】

【初回生産限定盤】
AICL-3318~9 / SINGLE / 2017.04.26 / ¥1,400- (税込)
4曲入りCD +「ソラのパレード」MV収録DVDの2枚組

  • 01.ソラのパレード
    (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI 編曲 HARUHI,彦坂 亮)
    アニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」エンディングテーマ
  • 02.Nightmare
    (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI 編曲 HARUHI & THE GHOSTS, 彦坂亮)
  • 03. 03. TLandlord
    (作詞・作曲 David Allan Stewart / Joss Stone 編曲 HARUHI)
  • 04. ROUND MIDNIGHT
    (作詞・作曲 D. Hanighen, Thelonious S. Monk & Charles Cootie Williams / Joss Stone 編曲 HARUHI)

【通常盤】
AICL-3321~2/ SINGLE / ¥1,100- (税込)

  • 収録曲同上

ソラのパレード【期間限定生産盤】

AICL-3321~2 / SINGLE / 22017.4.26 / ¥1,600- (税込)

5曲入りCD +「ソラのパレード」MV、
「ソラのパレード」GRANBLUE FANTASY The Animation ver.MV、
「GRANBLUE FANTASY The Animation」ノンクレジットエンディング映像収録DVDの2枚組


  • 01.ソラのパレード
    (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI 編曲 HARUHI,彦坂 亮)
    アニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」エンディングテーマ
  • 02.Nightmare
    (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI 編曲 HARUHI & THE GHOSTS, 彦坂亮)
  • 03. 03. TLandlord
    (作詞・作曲 David Allan Stewart / Joss Stone 編曲 HARUHI)
  • 04. ROUND MIDNIGHT
    (作詞・作曲 D. Hanighen, Thelonious S. Monk & Charles Cootie Williams / Joss Stone 編曲 HARUHI)
  • 05. ソラのパレード (tv size)

  • ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

BANQUET【初回生産限定盤】

AICL-3212~3213 / SINGLE / 2016.12.07 / ¥1,300- (税込)
3曲入りCD + 「BANQUET」MV、「Lullaby」MV収録DVDの2枚組
※発売日が変更になりました。楽しみにしていただいていた皆様には申し訳ございませんが、もう少々お待ちくださいますようよろしくお願いいたします。
(「BANQUET」配信は12/1(水)に行われます。)

  • 01. BANQUET (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI,彦坂 亮 編曲 HARUHI,彦坂 亮)
    ※TBS系 テッペン!水ドラ!!「コック警部の晩餐会」主題歌
  • 02. Lullaby (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI 編曲 小林武史, HARUHI)
    ※映画「淵に立つ」主題歌
  • 03. The Strange (Suit Made of Skin)
     (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI,彦坂 亮 編曲 HARUHI,彦坂 亮)

BANQUET【通常盤】

AICL-3214 / SINGLE / 2016.12.7 / ¥1,000- (税込) 3曲入りCD
※発売日が変更になりました。楽しみにしていただいていた皆様には申し訳ございませんが、もう少々お待ちくださいますようよろしくお願いいたします。
(「BANQUET」配信は12/1(水)に行われます。)

  • 01. BANQUET (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI,彦坂 亮 編曲 HARUHI,彦坂 亮)
    ※TBS系 テッペン!水ドラ!!「コック警部の晩餐会」主題歌
  • 02. Lullaby (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI 編曲 小林武史, HARUHI)
    ※映画「淵に立つ」主題歌
  • 03. The Strange (Suit Made of Skin)
     (作詞 HARUHI 作曲 HARUHI,彦坂 亮 編曲 HARUHI,彦坂 亮)

Lullaby【配信限定】

配信限定SINGLE / 2016.10.05

ひずみ【通常盤】

AICL-3106 / SINGLE / 2016.05.11 / ¥1,200- (税込) 4曲入りCD

  • 01. ひずみ (Lyrics and Music : 小林武史) ※映画「世界から猫が消えたなら」主題歌
  • 02. あたたかい光 (Lyrics and Music : HARUHI, 小林武史) ※明光義塾CMソング
  • 03. Empty Motion (Lyrics and Music : HARUHI)
  • 04. The Lion is Calling Me (Lyrics and Music : HARUHI)

ひずみ【初回生産限定盤】

AICL-3104~3105 / SINGLE / 2016.05.11 / ¥1,500- (税込) 4曲入りCD + 「ひずみ」 MV収録DVDの2枚組

  • 01. ひずみ (Lyrics and Music : 小林武史) ※映画「世界から猫が消えたなら」主題歌
  • 02. あたたかい光 (Lyrics and Music : HARUHI, 小林武史) ※明光義塾CMソング
  • 03. Empty Motion (Lyrics and Music : HARUHI)
  • 04. The Lion is Calling Me (Lyrics and Music : HARUHI)

BIOGRAPHY

1999年2月25日 ロサンゼルス生まれ。現在18歳。

12歳の時、学校のミュージカルの主役に抜擢され、数ヶ月間の練習と本番を経て歌手への志を持つ。

13歳から楽曲制作を開始。ルーツ・ミュージックからオルタナティブ・ロックまで、

膨大な幅の音楽を吸収し、即興性を含む柔軟で鋭敏な歌唱表現力や楽曲制作力は、

関係スタッフに、次世代の真の女性アーティストの誕生を予感させる。


映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌に「ひずみ」が決定し、2016年5月デビュー。

「ひずみ」はiTunes J-POPアルバム初登場1位、レコチョク上半期新人ランキング2位を記録。

10月にはカンヌ受賞映画「淵に立つ」主題歌に「Lullaby」が、

ドラマ「コック警部の晩餐会」主題歌に「BANQUET」が決定。


そして、3rdシングル「ソラのパレード」は2017年4月1日放送スタートの

TVアニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」のエンディングテーマに決定。

さらにはBose BRAND AMBASSADORに決定するなど、聴いた瞬間、別世界に誘う独創的な声・世界観に

様々な映像クリエーターからのオファーが殺到している。


そして、待望の1stアルバムとなる「INSIDE OUT」を2017年7月26日に発売。
2017 年夏以降はかねてからの念願だったアメリカへの音楽留学が決定している。

MOVIE